読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

陰謀論とカエサルの言葉。

 

togetter.com

 人間っつーのは自分に都合の良い話を信じる生き物だっつーのはまさにその通りで、はてブには右翼思想が気に入らないはてサやアベニクシーがダボハゼの如く食いついてるけど、よくもまあ真偽不明な情報をそこまで無批判に受け入れるもんだな、と。

「これが事実なら」と注釈つけた上で批判している人はまだしも、そんな注釈もなしに喝采している人はデマゴギーを批判できませんよ。

 もちろん森友の件で一連の疑義が事実なら、それこそ安倍首相の退陣もやむなしなのは云うまでもありませんし、オレ自身は別に自民党信者でも安倍信者でもないので、彼を庇うつもりがサラサラない事は予め念押ししておきます。

 

 そもこれが事実だと踏まえても、おかしな点は幾らでも出てきます。

 

 先ず最初に、安倍首相は以前から何度もマスコミ各社との懇談会を開いていますし、今回の件も首相動静に記載されてる情報でしかありません。

 そも、本当にマスコミ各社に圧力をかけるならば、秘密裏にやらないと意味がないですよね。それをバカ正直に首相動静に載せちゃうとか、どんだけボンクラなんですか安倍首相は。そもそもそんな圧力をかけるなら、会食した事も秘密にするでしょ普通。

 そしてそんなボンクラがトップとして所属する政党にちっとも勝てない野党は彼以上のボンクラ政治家だし、そんなボンクラ政治家の活躍を信じている人たちは更にボンクラって事になっちゃうんですが……。

 

 次に、それこそ右翼自民党が気に入らないアベニクシーならご存知の通り、マスコミ各社の論調は安倍政権発足からずっと批判的態度で一環しており、だからこそ同政権(というか自民党政権全般)に好意的な産経新聞は日本の左派層から「ネトウヨ御用達新聞」などと蔑まれているワケで、安倍首相がマスコミに圧力をかけて従わせる力を持っているなら、政権発足時から今まで産経以外の各社も提灯記事を書いてるハズですし、そもそも今回の森友の件が問題になる事もないハズです。

 仮に、マスコミの中に親安倍と反安倍派がいて、今回の件は「親安倍派に対して提灯記事を書かせようとしたのだ」と云う話としても、それなら何故、産経以外の各メディアは従前から安倍政権に対して批判的なのですか? その事実は、元々産経を除いたマスコミ内では反安倍派の力が強いという事に他ならず、すなわち安倍政権の望むような提灯記事が書かれる可能性は低いという推察しか成立しないハズです。

 今回に限ってのみ安倍の圧力が機能するというのであれば、それこそ辻褄の合わないおかしな話です。全くもって論理的ではありません。

 

 第三に、この手の話をリークする人とは、すなわち「安倍首相がマスコミに圧力をかけた事を問題視している人」という事です。これは安倍首相のシンパであろうがなかろうが関係ありません。シンパだからこそ「身を正して欲しい」とリークする場合もあるでしょうし、逆に安倍首相の政策に反している人ならいわずもがなです。いずれの場合にせよ、不正を告発するために自ら動くか、あるいはマスコミ各社にリークするのが筋でしょう。何故、国政に何の影響もない元しばき隊のおっさんにリークする必要があるのでしょう?

 百歩譲って、それこそ安倍首相のシンパ云々とは全く関係のない「単に口が軽いだけの関係者」がリークしたのだとして、そんな口が軽い人が社会的に政治という舞台の中で信用されてるとは思いませんし、する事も出来ません。そんな口の軽い人から出た何のソースもない情報を信じるのは、まさに「自分の信じたいものを信じるバカ」でしかありません。あるいはそんなバカが真偽不明の噂を真実として流布する事を期待し、安倍首相を貶めるために仕掛けた情報戦の一種と見る方が、まだ頷ける話でしょう。

 

 陰謀論とは、何も宇宙人だの地底人だのといった荒唐無稽の与太話ばかりでなく、真偽不明の情報を妄信し、それを論拠とする事そのものも同じなのです。

 松本サリン事件でも、多くの人たちが事実ではなくマスコミがもたらす憶測報道に唆され、本来被害者であった河野さんを誹謗中傷しました。我々は日本史上類を見ない「オウムに関する一連の事件」でそれを学んだハズなのに、喉元過ぎれば熱さ忘れるというか何というか。

「疑義を質す事」と、「疑義を事実と断定して批判する事」は似て非なるもの。

 現時点で、一連の森友学園絡みの問題で確定的に批判可能なのは、自我が確立しきっていない児童に対する偏向的思想教育という人道的な問題点についてのみであって、政治との繋がりや安倍首相との繋がりは、これから明かされる事実に則って粛々と行うべきなのです。

 疑わしきは被告の利益に。これは現代法の原則ですし、人権を守るための理念です。

 普段、人権だの反ヘイトだのを持ち出しては歴史修正主義者や差別主義者を声高に批判する層が、安倍首相に対する疑義や真偽不明の与太話を事実と受け止め、嬉々として論敵・政敵に対する批判に利用したり、安倍政権支持者をネトウヨ呼ばわりで蔑む辺り、何でもかんでも0と1で切り分けてしまわざるを得ない党派性とはホントに怖いモノだなと改めて感じたり。

 

菅野完さんのツイート: "リークあって、聞いた話によると、いま、まさにこの現在、安倍は赤坂飯店に各社のキャップを呼んで、「森友のこと書くな」との圧力かけとる。これで負けたら新

なぜ、このタイミングでのこの内容のツイートに、「ソースを出せ」などとと無茶ぶりができるのか。もちろん疑う自由はあるが、あまりの難癖は、付けた側の信頼こそ逆に無くなるよ。

2017/02/28 02:48

b.hatena.ne.jp

菅野完さんのツイート: "リークあって、聞いた話によると、いま、まさにこの現在、安倍は赤坂飯店に各社のキャップを呼んで、「森友のこと書くな」との圧力かけとる。これで負けたら新

根拠も何も、首相側のカネで首相が召集してる。タイミングを考えれば合理的な推論。不確実なもの全てを無条件に退けてはリテラシも知性も無いただのバカ。/ま、言っても「お手柔らかに」程度だろうがね。

2017/02/28 13:32

b.hatena.ne.jp

 この人たちの中では、情報の真偽を見極めるのに必要な要素は「論拠」ではなく「タイミング」らしく、「タイミングバッチリなソースなし情報」を「信用出来ない」と否定・批判する事は難癖になるらしい。

 しかし、情報ソースを求めたら求めた側の信頼がなくなるとか、真偽不明なソースを疑ったらリテラシーも知性もないバカとか、一体どこの笑い話よっつーか、詭弁にも程がありますよね。くっそ分厚い色眼鏡をかけすぎるとこうなるという見事なサンプル例。

 まともなリテラシーと知性があれば、どんなにタイミングがピッタリでそれらしい話に見えても、その真偽が不確かならそれはあくまで噂話と受け止め、「信用に値しない」あるいは「事実ならば」と前提するのがリテラシーであり、知性というものだろうに。

 そもそもホントに安倍首相が「森友のこと書くな」と発言したのかどうかだけでなく、どのような文脈でそれを語ったかによっても意味合いは大きく変わる事に気付いてないのね、この人たちは。

 例えば、森友の思想教育を問題にするなら、当然朝鮮学校のそれも問題となってしまうし、一条校だから云々を基準にするなら、一条校でなければ児童に思想教育を施すのは良いのかって事にも繋がりかねない。そこまで考えれば、二億歩譲って安倍首相が「森友のこと書くな」と発言したのが事実だとしても、それが「“私に不利益となるから”森友のこと書くな」なのか、「“私を批判するつもりで書くと、他の一条校外国人学校にも飛び火するぞ。だから”森友のこと書くな」なのかは判らない。判らないからこそ、そんなもんは録音なり録画なり、あるいは懇親会に参加した各報道機関関係者の顔出し実名による(社会的責任の担保された)証言でもない限り、「信用に値しない」っつーそれだけの話。

 ホントに発言があったのかどうか以前に、一体誰からリークされたのかすら明らかでないツイートをして、自分の主義主張に合致するおかしな妄想を結論として読み解くのがリテラシーであり知性だっつーなら、

f:id:tikuwa_ore:20170228211328p:plain

 いやあ、党派性ってホントに怖いですね。桑原桑原。

  

( ´Д`)「雉も泣かずば撃たれまいよってにな。ちぅかわし、これ思い出したわ」

togetter.com

togetter.com

 つまり、「安倍首相が、会食したマスコミ関係者に圧力をかけたと言う情報ソースお持ちの方いらっしゃいますか?」だな(笑)。

 メルトダウンデマの問題点は、まさに論拠がなかったというその一点に尽きる話なんだよな。そもメルトダウンの定義が国際的にも国内的にもしっかり定まっていないために安易な決定付けが出来なかったにも関わらず、自らのイデオロギーを論拠にチェルノブイリのような大規模な環境汚染と人的被害を伴うそれが起きたかのように喧伝した事が否定・批判されてたんだけど、結果論的にデマじゃなかったと擁護するバカがいるのが怖いよね。

 

( ´Д`)「あの当時、いわゆる放射脳や反原発デマ屋が云うとったメルトダウンて、大規模な爆発で放射性廃棄物が日本中に撒き散らされて、あちこち汚染されて日本に住めなくなる、みたいな話やったしな」

 

 それな。でも実際の福島原発メルトダウンは文字通り炉心容器が溶けただけで、爆発もただの水素爆発でチェルノブイリのそれとは違うし、海洋の汚染こそあれ、心配された大気汚染は殆どなかったし。しかも、放射脳や彼らを煽るデマ屋が当時、散々っぱら「もう日本には住めない」とほざいていたのに、当の福島県自体が立ち入り禁止区域を除けばすでに復興していて、そこで作られた作物も全国で安全な食品として流通しているし。

 そういう意図も経緯も全部すっ飛ばして、「メルトダウンした」という情報だけ抜き出してデマかデマでないかだけ判断するようなザルな事をしちゃいかんよって話なのに、タイミングが合ってるというだけで何処から出てきたかも不明な「マスコミへの圧力」という真偽不明な情報を信用するばかりか、真偽不明な情報を疑うのを「難癖」と批判するんだから、デマをほいほい信じてそれを嬉々として拡散した放射脳と同レベルのバカとしか云いようがない。

 

( ´Д`)「過ぎた話やが、仮にこの世界がノストラダムスの大予言の通りに1999年に滅んどったとしても、それをして『ノストラダムスの大予言は正解やった』なんて結論にはならんっちゅー、そーゆー話やね」

 

 因果が証明されない限り、それはただの「偶然」だからね。

 しかし、デマを吐こうが憶測を事実として書こうが結果オーライで許されると本気で思ってるなら、それこそ飛ばし記事もペテン師カルト教祖も、その言動の一切を否定・批判できないんだけど、やっぱり人間は自分の信じたいモノしか信じないって話なんだろうね。