ちくわブログ

のらりくらりのちくわさんです。

「異世界テニス無双」を潰したのは、「テニスの王子様」ファンの抗議なのか問題。

togetter.com

 そもそもの話として、パロディというのは他人の著作物やアイデアを借用する行為でしかない。日本においてはパロディ権が認められていないため、その作品の根幹に揺るがないオリジナリティがない限り、取り扱いは極めて難しい。特に商業作品ならば尚更だ。

 現在連載中で有名なパロディ作品として「銀魂」や「ケロロ軍曹」があげられれるが、両作はどちらもストーリーの根幹や設定自体はオリジナル作品であり、それを彩る肉付けとしてパロディが多用されている。しかしそれが肉付けでしかないため、パロディ部分を省いても作品としての体裁は揺るがない。

 また田中圭一先生のように、原作者遺族より直接「黙認」を受けたパロディ作家も存在するし、他にも高遠るい先生のように優れた画力を持って、インスパイアを受けた作品の画風を忠実に再現出来る作家もいる。

 いずれにおいても彼の作品、彼の作家陣のそれは表層的な借用に留まらず、時に本質的な領域にまで達しつつ、それでいて「借用元のオリジナル作品には存在しない物語」を描くからこそ、第三者による安易なパクリ認定を跳ね除け、プロとして活躍出来るであろう事は想像に難くない。

 

 一方、文字の世界のパロディについてはどうだろうか。

この素晴らしい世界に祝福を!(以下このすば)」は、いわゆる異世界転生モノのパロディ作品である。しかし、ただ表面的なパロディを行うのでなく、アンチテーゼであったり、よくある展開や設定をあえて変更する事でオリジナリティ溢れる物語にくみ上げている。

 主人公カズマは異世界転生で無双するようなキャラではなく、腕っ節はからっきしで口ばかり達者な皮肉屋で、ヒロインもカズマを助けるどころか足を引っ張った上で崖から突き落として高笑いしても不思議じゃない残念なキャラばかりだ。しかしそれが作品の大きな魅力になっており、またこの作品でなければならない要素の一つとなっている。

 そう、「このすば」におけるパロディ要素とは、既存作品や設定のあえて正反対を行く事で大きなオリジナリティを醸し出している。故にパロディ要素がふんだんにあるにも関わらず、パクリ作品扱いされないという強みがある。

 最大の長所は王道異世界ファンタジーの正反対を進みつつも、これもまた一つの王道と云える骨子を秘めている点にある。カズマは最初こそ貧弱な坊やだが、少しずつ少しずつ力を身に付け、魔王四天王とも渡り合えるようになる。ただ、この作品は既存作品のアンチテーゼであるが故に、カズマカズマは正道を歩まない。ひたすら卑怯卑屈に、重箱の隅を突くような戦いで勝利を収める。それ故に、劇中やファンの間ではゲスマやクズマなどと呼ばれる始末。

 カズマはヒロインの一人が女神で復活の魔法を使えるから死んでも何度でもやり直せるのに、「死んだら痛いからイヤだ」という理由でリスクを冒さない。かと思えば、名誉や金のために大胆な行動も厭わない。それらは矛盾する事なく、カズマという主人公の魅力になっている。

 

 閑話休題

 それでは、この「異世界テニス無双」はどうだろうか。

「テニス」が単なるスポーツではなく、ともすれば超能力バトルと呼べる領域になってるという設定は明らかに「テニスの王子様」そのものであるし、現実世界の強者が異世界転移して無双するという展開も、「異世界無双モノ(俺Tueee)」としてベタな設定だ。ある意味ではどちらの設定もパロディと云える。ではこの二つの大きなパロディ要素を外した場合、「異世界テニス無双」には一体何が残るのだろうか。

 もしそこに残る強いオリジナリティが存在するのであれば、第三者からのパクリ認定など受け入れる余地はなかったハズだ。

 

 現在、「ちはやふる」で有名な末次由紀先生は、一時漫画業界から干されてた。それは他作品からの構図の盗用・作画トレスが発覚した事で、当時の連載作品が全て中止になった上、既刊全てが絶版扱いされるという厳しい処分を受けたから。もちろん、これを指摘したのは盗用された作家ではなく、第三者だ。


 逆のケースとして、スマホアプリゲーム「Fate/Grand Order」のイベント「英霊剣豪七番勝負」に「魔界転生」のパクリ疑惑が上がり、「山田風太郎先生の著作権を侵害しているのではないか」と疑った第三者が同作や同作の二次的著作物を管理している団体に凸メール投げたけど、相手にされぬどころか「著作権違反に当たる事例とは考えない」と返答され、パクリ騒動そのものが自然消滅したケースもある。


 他にも、槇原敬之氏と松本零士先生を巡る歌詞盗作騒動というトラブルも記憶に新しい。

 これは第三者を介したモノではなく当事者同士の争いだが、結局パクリ認定した松本零士先生が地裁で負け、そのパクリ疑惑が退けられたばかりか、槇原敬之氏に対する名誉毀損として損害賠償まで命じられた。(最終的には後者が前者に謝罪する事で和解が成立しています)


 何であれ、当事者にしろ第三者にしろ、パクリを指摘する事は何らおかしくない。その指摘が杜撰で間違っているなら、そもそも当事者には相手にされないか、下手をすれば名誉毀損で訴えられる。

 パクリ認定は一定のリスクがあるので「迂闊にするべきではない」という意見には一定の見解があるだろうが、「親告罪なのだから、当事者以外が指摘すべきではない」というのは全くの的外れだ。

 先にも論じた通り、その指摘が杜撰であれば指摘した当人がしっぺ返しを食らうだけだし、パクリという行為が「盗作」という社会的・倫理的に問題のある行為であるならば、その指摘自体は不当でも不法でもない。

 それが不当や不法に当たるケースは、指摘自体が誤りである場合、またいわゆる電凸による業務妨害や、騒動を大きくするためにスパム投稿を繰り返すといった目的のためには手段を選ばない場合などであり、ただ盗作行為を指摘し、あるいは盗作ではないかと抗議する行為を不当・不法と論じるのは全くもって意味のない話。

 著作権親告罪であるが故に、どのようなパクリであっても当事者が問題にしなければ、それは不当・不法な行為とはならない。だからこそ、であればこそ、パクリ認定された側がその指摘を受け入れた事実は、パクリの指摘が正しかった事実を意味する。他に意味など存在しない。

 どうしてこんな簡単な事を理解できず、「第三者ガー」に拘るのかホントに理解出来ない。

異世界テニス無双」を潰したのは、「テニスの王子様」ファンの抗議ではなく、その抗議を受け入れざるを得なかった瑕疵のある作品を世に送り出してしまった作者と編集部そのものなんですよ。

 それを「第三者が抗議によって作品を潰した悪しき前例」と捉えるのは全くもってナンセンス極まりない話。

 

( ´Д`)「結果は正反対やけど、のうりん騒動とか、碧志摩メグ騒動を思い出す話やね」

 

 それ、どちらも第三者の抗議が発端だものね。

 前者は「不快な思いをさせて申し訳ありません」と謝罪をし、問題視されたポスターの図版は変更したものの、コラボ自体は続行で、スタンプラリーやポスター掲示自体も継続

 後者は地元の海女さんの反対もあって公認が撤回されるも、キャラクター自体は現在も非公認キャラとして存続中という、大山鳴動して鼠一匹みたいな展開に終わったのも面白い話だと思う。

 

( ´Д`)「結局、どちらも元鞘とはいかんが、潰れたワケではないのよな」

 

 碧志摩メグに関しても、騒動になったから非公認にしたってだけで、実際に反対していた地元民はおよそ3割で、デザインに関しても公認に関しても7割以上が「問題ない」としているんだよね。

 そして、何だかんだでほぼ半公認キャラとして活動しているというwww

 

( ´Д`)「ふなっしー状態やな」

 

 それな。

 つか、第三者の指摘で完全撤回するっつーのは、やっぱり「そうせざるを得ない問題を抱えていた」と解釈するのが一番適当なハズなんだけど、どうしても「抗議した連中が気に入らない」だけでは済ませられず、「抗議した連中が悪い」と結論づけないと感情が収まらない人がいるって話なのかもね。

【艦これ】2018年度新春、期間限定任務

 遅けましておめでとうございます。ちくわです。

 いやもうすっかり忘れてまして。何をって、以下の四つの期間限定任務の事です。

  1. 謹賀新年!「水雷戦隊」出撃始め!
  2. 新春「伊良湖」のお手伝い!
  3. 護衛始め!「海上護衛隊」なお正月!
  4. 迎春!「空母機動部隊」全力出撃!

 (1)だけはかなり早い段階で済ませてたんですが、(2)の2-3で羅針盤が荒れて全然ボスに行けないもんだから、そのまま投げっぱなしジャーマン決めたところ、ふと気付いたらもう16日で。慌ててそこから徹夜でこなし、(3)まで達成出来たのが17日の朝5時前。

 ウチの戦力的に(4)は支援なしではちょっと厳しいので、遠征組の帰還を待ってそこから突貫作業でエンヤコラ。

 初出動は何なくA勝利だったんだけどクエ受けるの忘れてて、その後はレ級にワンパン大破食らったりE風食らったりでウガウガしつつも、何とか3回A勝利以上達成したところで、最初のクエ受けるの忘れてた事が祟り、ボスが最終形態になってしまったのが10時くらい。

 あと一戦だけだから余裕だろうと思ったら、何をトチ狂ったのかボス攻略用に編成変えたときに旗艦から空母外しちゃってるのに気付かず、S勝利したものの条件不達成でまたラスダンやんなきゃいけねえ羽目に。

 そこからボスマス前レ級にワンパン大破撤退させられる事、実に3回。この時点で残り時間は30分切ってたからかなりヤキモキしたけど、10時50分の時点で何とか条件達成。

f:id:tikuwa_ore:20180117201940j:plain

f:id:tikuwa_ore:20180117201949j:plain

 とりま、この限定任務の全海域でドロップする艦に特に欲しいモノがなかったから、母港をわざと埋めて道中ドロップをスキップする事で少しでも時短を計ったりしてたんですが、結果としてはそれが功を奏したカタチに。

 キラ付けも疲労抜きの時間を待ってると逆に時間がかかるし、どの道何処かでキラ付けはしないと無理なので、あえて一戦毎にキラ80を下回った艦全てに一回ずつキラ付けというパターンを繰り返したおかげか、レ級ワンパンの運ゲーさえ除けば道中はかなり安定してました。

 

 ちなみに、5-5攻略編成はこんな感じ。

f:id:tikuwa_ore:20180117202555j:plain

 駆逐艦は完全に潜水艦対策で、最初のCマスでもボス戦でも(両方が中~大破してない限り)単縦陣で何とかなるレベル。

 空母はサラトガ装甲空母3隻で、いずれも空母カットイン仕様。

 支援は道中のみで、戦艦3+正規空母1+駆逐艦2のフル砲撃支援。支援砲撃が上手く決まれば、レ級以外はほぼほぼ沈む感じで。

 駆逐艦は対空CIと対潜特化のどちらにするか悩んだものの、昼戦の空母勢は上手くクリティカルが出れば無印レ級をワンパン出来る程度には強いですし、一方でウチの鎮守府にはサラトガに装備可能な夜戦装備が一つもないから夜戦を見越してのA勝利以上は条件的に厳しい。だもんで、潜水艦を打ち漏らすとA勝利達成が困難になる事がしばしばあったため、潜水艦潰しを優先した次第。

 上記装備で制空値は500ちょいくらいですが、これで一応削り道中では艦載機の熟練度ハゲは一切なし。最初にA勝利取ったときは空母装備の構成が少し違っていて(制空値稼ごうと橘花改とか積んでた)、そのときは翔鶴装備の天山と艦爆の熟練度が剥げたのね。で、色々見直して艦戦を少し多めに配置したこの状態で挑んでみたら、熟練度がハゲるどころか見る見る回復し、以後減らなかったので、今後の攻略の参考にもなるかなーと。

 

 で、最終形態用の決戦編成はこんな感じ。

f:id:tikuwa_ore:20180117203915j:plain

 瑞鶴の彗星江草隊の熟練度がちょいハゲしてますが、これは全5回のチャレンジ中についたりハゲたりしてたので、どうせ全部終わったらキラ付けのついでに熟練度つけるからどうでもいいやーって感じでやってました。制空的にはこの編成で、道中~ボス全て問題なく。アイオワも普通に昼カットイン出してました。駆逐艦はそのまま対潜優先で。

 支援は道中・ボス共に戦艦3+正規空母1+駆逐艦2のフル支援で、昼S勝利余裕でした。

 資源消費? 知らんなあ。(普段出撃しない勢の余裕)

 E風逸れとレ級ワンパンの運ゲー要素さえ除けば、かなり安定して道中こなせるので、今後は毎月5-5こなすのも念頭に入れてもいいかなーと思ったり思わなかったり。

 

 あと今回は時間がとにかくなかったので、「艦これ」をプレイしてから生まれて初めてダメコン&女神を積んで出撃しました。

 最初はダメコンも想定して元々穴をあけてた夕立と時雨を起用したものの、結局は対空を意識して機銃つけてたんですね。しかし何度となくレ級にワンパンされてイラっと来たため、ダメコンつけて大破進撃も念頭において再チャレンジしたところ、今度は翔鶴姉妹を狙い始める始末。

 んで、翔鶴姉妹には元々穴すら開けてなかったんですが、開けて女神積んだ途端に狙われなくなり、今度は大鳳が狙われる始末。ほんま何やねんって云う。でももう補強増設がなかったので、大鳳サラトガアイオワが狙われたら諦めるくらいの潔さで黙々とこなしたところ、何とか無事クリア出来てほっと一息。

 っつーか、ホントに「これ、完全に嫌がらせだろ!」「絶対ワザとやってんだろ!」って云いたくなるくらいピンポイントで狙い撃ちしてくるから怖いwww

 ちなみにレ級のワンパン大破は10回以上くらいましたが、E風逸れは僅か2回で済みました。運がよかったんだか悪かったんだかwww

 

  結局、道中では一度だけ大破進撃したんですが、大破した時雨が一切狙われずに戦闘終わっちゃったので、ちくわさんのダメコン童貞は未だに健在です。

 でも、YouTubeでダメコン使用動画を見ると、一度轟沈演出が出てからの復活で大変心臓に悪いので、見なくてよかったかもなあと云う気がしないでもないwww

2017秋イベント「捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇)」延長戦E-2乙対馬掘り&イベント雑感

 どうも。艦これWikiの暫定情報にすっかり騙され、イベントが12日まであると思ってたら、明日で終わりと知って慌てて堀り始めたちくわさんです。

 というワケで、E-2乙で対馬掘りです。

 攻略中は輸送ゲージだったため、重巡2+軽巡1+駆逐4(防空1、夜戦CI要員1、大発担当2)で最短のQLMNP全2戦ルートを突っ走りましたが、掘りはPマスの重巡棲姫をキャン云わすのが目的のため、軽空母が使えるQKLMNP全3戦ルートでチャレンジしました。

 あと一日しかないので誰の役に立つとも思えませんが、ご笑覧あれ。

 

 QKLMNPのルート固定条件は以下になります。

  1. 高速統一
  2. 志摩艦一定以上(甲3乙2丙1)
  3. 戦艦2以下
  4. 軽空母1以下
  5. 駆逐艦2以上

 なので、軽空1+重巡2+航巡2+駆逐2を採用。高速統一も条件の一つなので、間違っても低速軽空とかあきつ先生とか使わないように。(←あきつ先生使った人)

 とまれ、掘り編成はこんな感じ。

f:id:tikuwa_ore:20171210234805j:plain

 軽空を採用する最大の目的は重巡棲姫の昼戦での弾着を防ぐ事です。これが出来るか出来ないかで大きく戦局が変わるので、めっちゃ重要です。思えば輸送ゲージ削り中の昼戦が上手く運ばなかった原因はまさにそれだったなあと。昼戦の間にダメージソースのなっちーと足柄がスナイプワンパン大破されたら、夜戦に持ち込んでもS無理やったしね。

 軽空は高速なら誰でもいいので、とりあえず余ってた&姉妹艦の瑞鳳より1レベル低かった祥鳳を起用。制空権を取るのが目的かつ優先なので、艦攻1+艦戦2+彩雲の基本装備です。

 もし制空値が足りないようなら、艦攻を外して艦戦キャリアーにしても構いません。正直、軽空が艦攻1機積んだ程度では大した火力は出ないし、空母1隻・艦攻1機だけでは開幕で殲滅どころか駆逐艦を轟沈できれば恩の字レベルですし、道中に空襲マスが2回ある事も踏まえれば、制空を優先すべきです。

 

 重巡2名は史実艦から那智改二と足柄改二。装備は火力優先の連撃装備で、ここは掘り時と同じ。

 ルート固定条件的には戦艦2隻まで使えるので、最初は比叡と榛名を投入してたんですが、どうにも重巡棲姫相手にダメージが伸びなくて変更してみたところ、矢張りクリティカルの発生率やカスダメの伸び方が全然違うんですよね。

 Wiki参照する限り、特攻効果などは書かれてないんですが、比叡&榛名より史実艦の駆逐のほーがダメージを叩きだしたりしている様子を見ると、重巡棲姫相手に特攻があるんじゃないかなと思ってますが、まあ今更な話です。

 

 航巡2名はもがくま姉妹もすずくま姉妹も使い果たしてたので、今イベントではまだ使ってなかったとねちく改二姉妹を採用。最大スロットに水戦を装備して制空補助をしつつ、夜偵を搭載して夜戦に備えます。何なら片方の夜偵を下ろして、照明弾とか探照灯を積んでもいいかもです。

 もしくは航巡は1隻のみで水戦キャリアーにした上で、もう1隻を阿武隈改二と変更して開幕雷撃で手数を増やすのも手です。(自分は姉妹艦の経験値を揃えたい派なので、あえて試しませんでした)

 

 駆逐2名も史実艦から潮改二と、輸送ゲージ時には使わなかった本命の霞改二乙を投入。E-2攻略時と同じ霞改二でもよかったんだけど、霞改二は遠征中だったので……(笑)。

 装備はどちらも対空CI仕様です。E-2攻略時と異なり軽空母を起用しているので、防空駆逐艦がいなくてもファンブル引かない限り、彼女たちで充分です。元々二隻とも(秋月型には及ばないにせよ)対空CI装備で対空値が100を超える駆逐艦ですしね。

 

 基地航空隊は1戦隊しか使えないので、陸攻ガン積みでタ級2隻が出る鬼門Lマス集中です。

f:id:tikuwa_ore:20171211001304j:plain

 ボスは辿り着きさえすれば夜戦まで持ち込んで足掻くチャンスがありますが、それも道中を突破しなきゃどうしようもありませんので、Lマス突破を優先します。

 支援艦隊は道中・ボス共に使用しません。

 

 実際の戦績に関しては――

  1. 夜A勝利:鬼怒(戦艦2起用)
  2. 夜S勝利:浦風(戦艦2を重巡2に切り替え)
  3. 夜S勝利:野分
  4. 夜S勝利:谷風
  5. 夜S勝利:清霜
  6. 夜S勝利:阿賀野
  7. 夜S勝利:能代
  8. 夜S勝利:対馬/(L)昼S:神風
  9. 夜A勝利:鬼怒(軽空1をあきつ先生に切り替え)

 ――こうなりました。

 前述通り支援は一切なしで挑んだ結果、昼S勝利こそ無理でしたが、昼A勝利ないし夜S勝利はほぼ確定で、道中の大破撤退もありませんでした。

 輸送ゲージ攻略時とは艦隊の装備や編成条件が違うのが大きいんでしょうが、攻略時に二度ほど猛威を奮った対空ガチャも大人しいもんで、そういう意味でもラッキーでしたね。

 というワケで、何とか無事に対馬掘りに成功して、ほっと一息ですわん。

  実際、残り時間が少ない事もあり、出るまではヤキモキしまくりんぐでした。

f:id:tikuwa_ore:20171211001449j:plain

 9回目は、何でそんな事したのか自分でも判りませんwww

 ちなみに軽空をあきつ先生に変更するとIの対潜マスに逸れて、最短どころか最長ルートになります。それでもA勝利は出来たので、まあ運さえ良ければ何とかなるかなと。

 今回はイベント限定艦にも関わらず海防艦自体が近代化改修用のエサとして使える関係からか、対馬は丙A勝利でも複数ドロップしたそうですし、丙ならもっと楽に掘れたでしょうね。

 

 ところで、道中のLマスでやたら鬼怒がドロップしたんですが、掘り開始時と終了時も同じく鬼怒がドロップする辺り、妙に因縁深いです。遠征用に二隻目を育ててるので、さすがにもう不要ですが。

 

 最終資源はこんな感じ。

f:id:tikuwa_ore:20171211011202j:plain

 E-4戦略ゲージ1で沼ったのが痛かったですなあ。

2017秋イベント雑感

 ここからは今回の秋イベントの雑感です。

 2017夏イベントも相当酷く、当時のエントリにも書きましたが、テクニックで回避出来る難易度の高さと、テクニックで回避出来ない難易度の高さは全く違う性質のモノで、後者は完全にただの運任せになってしまい、失敗が続くとやる気が奪われてヘイトが溜まるのみで誰も得をしないクソ仕様なんですが、今回のイベントは運の軽重が非常に強く、「どれだけ艦娘の練度や装備を最善に整えたところで、最終的に運が悪ければ攻略できない」という仕組みが以前にも増して強化されていたのは如何ともし難く。

 

 特に対潜ガチャと空襲ガチャは年々酷くなる傾向が強かったですが、今回はそれが道中で何度も続くもんだから、臨場感のあるイベントではなくただの嫌がらせにしかなってませんし、更に夜戦開始ガチャまで投入された結果、運レス提督にとってはただただ阿鼻叫喚で、ひたすら運営に対するヘイト感情が溜まるだけの仕様になっちゃったのは、ホント誰得なんでしょうね?

 以前からずっと云ってる事ですが、高難易度を求める人は勝手に自分で好きなだけ縛りプレイをすればいいワケで、そうでない人にまで高難易度を強要するのは愚策でしかないんですよ。

 

 ただまあ、運営の考えとしては難易度を高くする事で資源消費を煽り、課金を促す事なんだと思うんです。それは、提督=プレイヤーにとって一つのプラスにもならない空襲イベントにも良く現れていますよね。ただぷ~んと深海棲艦の攻撃機が飛んでくるだけで臨場感もクソもないですし、成功してもプラスはなく、失敗したらマイナスがあるだけで、しかも大抵は失敗して無駄に資源を消費するだけというあのクソイベントの目的は、プレイヤーの資源を奪い、資源が足りなくて喘ぐユーザーの課金を促す以外に何もないですよね。しかも空襲イベントは攻略中に突発的に発生するので、うっかりしていると次のマスが何のマスだか判らなくなるオマケ付き。

「艦これ」にはキャラや装備を課金で入手する「ガチャ」がないので、それ以外の何処かで課金を煽る要素を投入するしかないのは理解できますが、ユーザーを苦しめる要素でしかそれを補えないのは、win-winならぬただのlose-loseですよね。

 そんなところに課金要素をぶちこんでくるくらいなら、正直、要課金の家具をもっと増やすとか、普通にキャラや装備を課金で入手するガチャを実装してくれたほーがマシです。

 

 また今回は中規模を謳いながら、一つの海域で多段ゲージや複数のギミックを解除しなければ攻略不可能など、大規模作戦以上に面倒な仕様を一度に実装したのも、ただただヘイトを集めるだけになってますよね。これを心の底から楽しかったと云える人は、多分そういうギミックや攻略方法を解析するのが大好きな生粋の超技巧派ゲーマーだけで、のんびり遊びたいオレみたいなエンジョイ勢の大半は、運営に対するヘイト感情を溜めただけだと思うんですが、どうでしょうね。少なくともオレは、今回のイベントが楽しいとは1ミリも思えませんでした。それだけは揺ぎない事実です。

 ギミックに関しても、以前までなら「ギミックを解除しなくてもどうにかなるが、解除すれば楽に攻略できる」といった性質のモノが殆どだったのに、今回はギミックを解除しない限りは先に進めないどころか、そのギミックが何故そうなっているのかすら判らないんだから、エンジョイ勢にはどうしようもない。

 実際、ほぼノーヒント状態から手探りでモチーフになった史実を紐解きつつ、ルート固定要員や条件を探ったり、ギミックの仕様を解析した初期攻略組=解析班には頭が上がらないというか、彼らの成果が凄かっただけで、殆どの提督はその情報にタダ乗りするしか出来なかったのでは?

 

 一番辛いのは、先のギミックや多段ゲージは元より、対潜ガチャ、空襲ガチャ、夜戦ガチャのせいで、丙ですら攻略難易度が高かった事。特にE-4は、本来なら新規提督やエンジョイ勢でも攻略出来るように攻略難易度を大幅に下げるため、丙では札制限を解除して自由に編成可能というのがお約束だったのに、今回はルート固定条件に札の有無を投入してしまった事で、そのアドバンテージすら無くなってしまったのはどうしようもないとしか云いようがない。そんなにクリアされるのがイヤなら、もう甲難易度のみにしてしまえばいいと思うくらい。

 乙丙でクリアすると甲クリアで貰える強力なアイテムが手に入らないので、ますます格差は開いていくという悪循環も、一体何時まで続ける気なのかなあとも思うよね。

 

 今回の運営の仕込みはちょっと異常で、それは今イベントで新規実装された基地航空隊の「対潜支援哨戒」にも現れるんですよね。何せ条件が厳しすぎて*1、新入りで装備がない提督には使う事すら出来ないし、装備は何とか持ってる乙丙クリアが基本のエンジョイ勢が使おうとしても行動半径で引っかかったり、じゃあ行動半径が短い対潜マスに送ろうと思ったら何故か夜戦開始で設定されてるもんだから、基地航空隊を送っても攻撃してくれなくて全く意味がなかったりしたのは、テストプレイを一切してないのか、した上で、あえて悪意でそういう仕様にしたのか、どっちなんだろうと本気で悩む始末。

 何が一番クソって、対潜支援哨戒は艦娘の対潜装備すら間々ならない新規提督夜エンジョイ勢ほど使いたいだろうに、適切な装備がないから使いたくても使えないし、ガチ提督は装備はあってもそんなの使ってる余裕がないから使わないって辺りがホントに誰得すぎてクソ。

 

 新規実装と云えば、第三艦隊の七隻編成もただただ面倒なだけでしたね。

 デメリットも数多く、誤って第一艦隊を出撃させてしまう危険もあるし、道中支援とボス支援を使うと第二艦隊と第四艦隊が埋まってしまうからイベント攻略中の遠征が一切出来なくなるし、せっかくの艦隊編成記録も七隻に対応してないから、プリセットを使ってもいちいち七隻目だけ手動で編成し直さなきゃいけないし、何より第一艦隊が完全に遊んでしまうのがひたすらどうしようもない。

 

 警戒陣に関しても、確かに後続艦の回避率は高くなるけど、あくまでも高くなるだけで当たる時は結局当たる*2し、ボス削りの関係上、主力艦を後続に据えると本末転倒だし、そもそも回避前提のお祈りゲーにしなくても、普通に総力戦で遊ばせてくれればいいワケで、E-4攻略はホントに何一つ楽しくなかったです。

 対潜ガチャ→空襲ガチャ→夜戦ガチャ→警戒陣ガチャまで順調にこなしても、空母(彩雲)を持ち込めないボス戦でT字不利回避ガチャに失敗したら全てご破算とか、どんだけ運ゲーなのと。

 

「艦これ」界隈では自分の努力を運で片付けられたくないので、とかくエンジョイ勢にマウントを取りたがるクソ面倒なだけのガチアピール勢がいますが、ハッキリ云ってただのクソの讒言ですよね。オレもお前らも運良く最後までクリア出来ただけなんだよ。

 オレみたいなエンジョイ丙勢は運の悪さを試行回数で誤魔化して「期間内に当たるまでやったら何とか当てる事が出来た」だけで、そう出来なかった人たちの努力が足りなかったなんて事はない。それは「期間内に当たるまでやったけど当たらなかった」だけなんだから。

 もちろん、単純に「資源が足りない」なんつーのは普段から備蓄してない提督の自業自得だけど、それを差し引いても、長年続けていた練度も装備もそれなりに揃っている提督でも運が悪ければクリア出来ず、一方で初めて数ヶ月の提督で練度も低ければ装備も適当でも、ただ運さえ良ければクリア出来る以上、努力なんてモノに有意な差はないんですよ。ただあるのは、運が良かったか悪かったか、それだけの話。

(試行回数を維持するための資源を普段から溜めておくのは努力の一端だとは思うけど、これって実質課金ガチャの実弾を溜めるのと同じ事だから、そういう意味でも運ゲー呼ばわりを嫌うガチ勢のそれはズレてるよね)

 

 次回の冬イベントが今回の問題点の反省を生かし、ひたすら上手く行くのを祈るだけの運ゲーではないイベントになればいいんですけど、どうですかね。

 E3やE4の複雑なギミックや高難易度に苦情を申し立ててるユーザーのリアクションを全て無視し、イベント延長も行う様子も一切ない運営のTwitterを見ている限りでは、難しいかもしれないですねえ。

 次回も今回と同じような高難易度+複雑なギミック+運ゲーに軽重した仕様なら、正直もう「艦これ」自体を辞めようかなと思ってます。

 遊んでて楽しくない、ただただ苦痛なだけのゲームって、プロやガチゲーマーでもない限り、もうやる意味がないですよね。

*1:対潜支援を行えるのは対潜値7以上の艦攻と哨戒機だが、現時点でその条件を満たす行動半径8以上の哨戒機は「東海(九〇一空)」と「試製東海」のみで、いずれも丙提督では入手不可。艦攻の「Swordfish Mk.Ⅲ(熟練)」は甲提督しか所持が出来ず、「3TBM-3D」もサラトガ未入手の提督は入手出来ないし、「天山(九三一空)」「九七式艦攻(九三一空)」も春日丸を大鷹改、大鷹改二まで育てないと入手出来ない上、どちらも行動半径が狭いので、運用するには「二式大艇」か「PBY-5A Catalina」が必須だが、もちろんそんな装備を新規提督が持ってるワケがない。

*2:キラ付けMAX終わった後の最初の対潜マスで警戒陣選んだら、開幕雷撃で上から3隻目に命中し、そのまま大破撤退した事がありました。他にも同じ条件で、空襲マスで後続の駆逐艦が大破した事も。

E-4丙「あの海峡の先へ――」戦略ゲージ2攻略

 さあ、泣いても笑っても、これが正真正銘2017年秋イベント最後のマップです。

f:id:tikuwa_ore:20171210014820j:plain

 海峡夜棲姫-壊を撃破した後、同マップの同じ箇所に防空埋護姫が出現します。

f:id:tikuwa_ore:20171210015026j:plain

 こいつは最終形態がないため、ゲージを削った上でトドメさえさしてしまえば、それで終了です。

 道中は戦略ゲージ1時と全く同じですが、どうも丙だと空襲が発生しないっぽいです。(戦略ゲージ1の最終形態から?)

 攻略編成も大きくは変わりませんが、防空埋護姫は航空機を飛ばさないため、水戦だけでも昼制空が取れます。

 一方、ボスの名前を見れば判る通り、防空埋護姫は対空能力が半端ないため、基地航空隊は毎回アホみたいに全滅させられて、あっという間に熟練度を失います。しかし、そんな細かい事を気にしてたらとてもじゃないがやってられません。

 

 というワケで、西村艦隊の編成はこんな感じに変更しました。

f:id:tikuwa_ore:20171210015711j:plain

 三隈は主に夜戦マス対策として、照明弾と夜偵を搭載。

 扶桑と山城は昼戦マスで弾着カットインと連撃が出せるように、主砲+主砲+徹甲弾+水偵を装備。

 最上は水戦と水偵を積み、昼戦マスの制空権確保と弾着を両立。

 駆逐艦はいずれもPT小鬼対策として、特に変更はありません。

 道中は、対潜マス、空襲マス×2、潜水新棲姫マス、夜戦PTマスがガチャゲーである事は変わらないため、Sマスとボス以外は全て警戒陣で突破するお祈りゲーです。

 

 戦略ゲージ1攻略時と異なり三隈を旗艦にしているのは、単に扶桑姉妹がLV99でこれ以上経験値が必要ないため、一番経験値蓄積量の低い三隈を旗艦にしただけで、特に意味はないです。

 出来れば今回のイベントを機会に扶桑姉妹とジュウコンカッコカリしたかったんですが、ちょっと先月先々月と別のブラゲに課金しすぎた結果、来月の電話代がヤバい事になってるので我慢中。母港もイベント前に2段階拡張したので、懐に全く余裕がないのです辛い。

 

 さておき、基地航空隊はこんな感じ。

 第一第二共に陸戦のみで、第一をボス集中、第二をSとボスにそれぞれに配備。

 Sで手こずる事がなければ、全てボス集中でも構いません。

 前述した通り、空襲イベントは起きないので第三航空隊は本来不要ですが、バグなのか偶然なのか判らないので、念のため陸戦隊を配備しておいた方がいいでしょう。

f:id:tikuwa_ore:20171210020315j:plain

 熟練度の剥げっぷりは、前回のエントリを見れば一目瞭然ですが、ご覧の通り酷い有様です。最大まであった熟練度がほぼ消滅しています。これはラスダン終了後ですが、ぶっちゃけ初戦終わりで、すでにほぼこんな状態でした。

 酷い時は防空埋護姫に殆ど削られてしまい、カスダメすら負わせられない場合もありますが、これに関しては現在の仕様上、深海棲艦の対空性能を削る事が出来ないため、割り切って「上手く当たればラッキー」程度のつもりで出しましょう。

 ただ、ボス昼戦での制空権を一切気にする必要がないという点では、戦略ゲージ1よりはかなり楽です。

 

 道中支援とボス支援は共に編成自体は前回と全く同じですが、道中支援はボスマス直前の連続夜戦マス対策として、ボス支援はPT小鬼対策として、どちらも火力は少し落ちますが、命中重視に装備変更しています。

f:id:tikuwa_ore:20171210021002j:plain

f:id:tikuwa_ore:20171210021120j:plain

 この変更のおかげかどうかは判りませんが、とりあえず、夜戦マスで大破撤退する事はありませんでした。

 

 初戦は最後の最後でボスを撃ち漏らしてしまい、無念のA勝利でした。

f:id:tikuwa_ore:20171210021849j:plain

 

 2戦目と3戦目は何とか昼S勝利を達成。

f:id:tikuwa_ore:20171210021935j:plain

f:id:tikuwa_ore:20171210022011j:plain

 

 そしてラスダン――

f:id:tikuwa_ore:20171210022033j:plain

f:id:tikuwa_ore:20171210022045j:plain

 ――は夜戦でPT小鬼を1隻撃ち漏らし、昼A勝利で終了という、ちょっとアレな終わり方でした。締まらないにも程があるwww

 敗因というかA勝利で終わりという展開になってしまった最大の原因は、上4隻がアホみたいにPT小鬼ばかりを狙ったせいで手数が足りなくなった事ですね。下3隻は確実に戦艦や重巡を沈めてくれた一方、肝心の高火力艦が何もしないという悪夢のような展開で、正直ラスダン沼るかなと思いましたが、まあA勝利とは云え倒せたので結果オーライです。

 

 戦略ゲージ2の戦績としては、全5回出撃、A勝利2回、S勝利2回、大破撤退1回です。

  1. 1回目 昼戦A勝利:江風
  2. 2回目 昼戦S勝利:霧島
  3. 3回目 Mマス大破撤退
  4. 4回目 昼戦S勝利:霧島
  5. 5回目 昼戦A勝利:最上

 E-4丙報酬は勲章一個と涼月のみなので、ちょっと寂しいです。

f:id:tikuwa_ore:20171210022452j:plain

f:id:tikuwa_ore:20171210022635j:plain

f:id:tikuwa_ore:20171210022647j:plain

 レア泥というか、ぶっちゃけ対馬がドロップしなかったのが残念でしたが、とりあえずクリア出来たのでよかったです。実際、沼るのを覚悟してましたしなー。

 

 なお、ラスダン後に西村艦隊によるドラマ仕立ての特殊ボイスが流れるので、お聞き逃しのないように。

 帰投時にも上とは異なる別の特別ボイスが流れるんですが、そのまま秘書艦の帰投ボイスと超被ります。正直云って、運営、ちゃんと調整しとけよって感じです。自分はよく聞き取れなかったので、キャッシュを拾ってプレイヤーを使って聞き直す羽目に。感動が台無しwww

 

 しかし、今回は扶桑姉妹のイベント用戦闘ボイスが良かったですな。

 中でも自分は、山城の「邪魔だぁぁぁぁ!! どけぇぇぇぇぇ!!」の圧倒的迫力にやられてしまい、戦闘の度に毎回聞くのが超楽しみでした。扶桑姉妹は元々改二グラが決戦仕様風なので、最上、朝雲山雲、時雨改二、満潮改二とは違い限定グラこそなかったものの、その分、限定ボイスの臨場感が素晴らしかったです。

 特に普段の山城はどちらかというとテンション低目のキャラなので、そこに来てこのテンションの高いボイスには尚更ぐっときましたね。「艦これ」には「艦娘たちが過去の歴史の悲劇や惨劇の記憶を乗り越える」というテーマがあるので、その必死さがこの台詞一つに凝縮されている感じがして、ホントに好きです。

 逆に、最上は限定グラが超凛々しいのに対し、音声は何時も通りののほほんボイスのままだから、ギャップでどうしても笑っちゃうのがややマイナスでした。時雨改二や満潮改二は元々それっぽい台詞があったので特に気になりませんでしたが、最上にもイベント用(特に戦闘用)の凛とした追加ボイスが欲しかったですね。

 朝雲山雲は結局使ってないので知りませんw

 

 さておき、残るは対馬ゲットのためのE-5ですが、もうE-4の道中多段ガチャは懲り懲りですし、伊400はE-3で掘りましたし、E-2ボス2回A勝利の期間限定クエストを終わらせてなかった事も踏まえて、対馬掘りは期間一杯までE-2乙で開始する予定。

 とまれ、秋イベ参加された皆様、お疲れ様でした。

E-4丙「あの海峡の先へ――」戦略ゲージ1攻略

 クソ面倒なギミック解除で、ようやくラスボスのお出ましですが、何と戦略ゲージ1なんですよ奥さん! これで最後じゃなくて、あくまでも前哨戦なんです! なんとまあ!

 あー、めんどくさい。ホントに。(やさぐれ)

f:id:tikuwa_ore:20171209071658j:plain

 さておき、ルートはギミック解除・第二段階その3で用いた西村艦隊からの延長です。

 ルート固定条件もギミック解除・第二段階その3と同じで、EIMNSWY→Z9から、そのままZZ1→ZZ2→ZZ3と展開します。

 

 ルートのおさらいですが、EWはメッセージのみ、Iは昼戦の対潜マス、MNは空襲マス、Sは昼戦の通常艦隊マス、Yは夜戦のみの潜水新棲姫マス、Z9は夜戦→昼戦の駆逐マス。

 そして、新たに追加されたZZ1が夜戦のPT小鬼マス、ZZ2が夜戦の駆逐マス、ZZ3が夜戦→昼戦のボスマスとなっています。

 道中は基本的にほぼお祈りゲーです。夜戦開始マスが多いため基地航空隊が機能しませんし、道中支援とこちらの攻撃が上手く展開せずに撃ち漏らしが出ると、例え相手が駆逐イ級でも夜戦カットインが出れば普通に戦艦もワンパンされますので、足掻いても無駄です。

 とにかく道中の戦闘マスが多い=ワンパン大破ガチャが毎回のように起きるため、ひたすらお祈りするしかありません。

 

 とりあえず、攻略編成はこんな感じ。

 道中、空襲マスを2回抜ける上、Sマスの通常艦隊は軽母ヌ級が出てきますし、索敵値が足りないとY→Z9に進まずZ7に逸れてしまうので、丙でも制空と索敵値の維持が結構大変です。

f:id:tikuwa_ore:20171209072540j:plain

 扶桑改二と山城改二には瑞雲12型を積んで、制空値と索敵値の両方を満たして貰います。扶桑型改二のスロット数なら、多少目減りしても全滅はないので問題ありませんが、熟練度が下がると制空値に影響が出るので、減ったら面倒でも熟練度を付け直す事をオススメします。

 最上と三隈は水戦と水観か瑞雲を搭載して制空&索敵値補助です。索敵値はY→Z7逸れを警戒してかなり多めに見積もって装備してるため、実際はもうちょっと少なくても問題ないかもです。

(一度、色々装備を弄ってチャレンジ中に逸れた事があるので)

 駆逐艦は全員、PT小鬼対策で熟練見張員を搭載、穴が空いてる艦は機銃を積んでます。

 ぶっちゃけ、この編成はラスダン時のモノで、削り時は扶桑改二の最大スロットは水戦だったり色々変わってるんですが、ラスダンで沼りに沼った挙句この装備で倒せたので、削り段階でも使える装備構成だと思います。多分。

 

 道中支援とボス支援はこんな感じ。もちろん、削り段階から毎回出します。

 砲撃支援なら夜戦マスにも来てくれるので、航空支援は止めましょう。

f:id:tikuwa_ore:20171209073221j:plain

f:id:tikuwa_ore:20171209073329j:plain

 今更ですが、支援システムの大幅な変更で航空支援が弱体化したのは残念ですが、その分砲撃支援の命中率と威力が体感的に上がったように感じますし、何より、空母に関しては電探積まなくても命中率が変わらない事になったので、以前のように32号水上電探が必須ではなくなったのは個人的にはちょっと嬉しいです。

 まあ云うても、イベント前に32号水上電探を増産したばかりなので複雑な気分ではありますがwww

 

 基地航空隊はこんな感じ。

 夜戦マス、夜戦開始マスが多いため、ギミック解除時やE-1~E-3ほど活躍の場がありません。

 とりあえず、第一はボス集中、第二はMNの空襲マスに一編隊ずつ、第三は空襲イベント警戒として防空です。掘り~ラスダンまで同じです。

f:id:tikuwa_ore:20171209073628j:plain

 ぶっちゃけ、ボスにはラスダンでも(運次第ですが)基地航空隊は必要ないので、道中が安定しないならSマスに投入するのも手です。

 ちなみに、最初は第一を対潜支援哨戒にしてIマスかYマスにぶつけようとしたんですが、対潜編成は縛りが大きく、Iマスだと行動半径7が必要なのに対し、実装済みの対潜攻撃可能機で行動半径7以上の機体は「東海(九〇一空)」と「試製東海」しか存在せず、E-3を丙でクリアしたオレは当然後者しか持ってませんし、かといってYマスは夜戦のみだから基地航空隊が機能しないので止めました。対潜支援哨戒の仕様はマジグソですわ。

 

 さておき、道中の潜水艦と空襲マスはどうやっても運ゲーで、特に潜水艦マスは先制対潜攻撃で全艦全て沈めない限り、開幕でワンパン大破の危険性がありますし、空襲マスではご覧のように基地航空隊を送り出していても、運が悪いとやっぱりワンパン大破します。ホント、対潜ガチャ&空襲ガチャの仕様を考えて実装した運営の底意地の悪さは悪意満点の地獄級ですわ。呪われてしまえ。

 とはいえ、鬼門は対潜ガチャ&空襲ガチャのみならず、夜戦開始マスも同じです。前述した通り、最弱の駆逐艦でも夜戦カットインが発動すれば平気で戦艦がワンパン大破しますし、PT小鬼が相手だと一層その面倒さには拍車がかかります。

 ぶっちゃけて云えばESW以外の全マスが全てガチャ仕様なので、運が悪いときはバカみたいにワンパン大破するので、クリアに必要なのはひたすら忍耐です。

 

 さて、ZZ3マスのボスは海峡夜棲姫です。どう見ても扶桑姉妹ですあじゃじゃしたー。

f:id:tikuwa_ore:20171209074454j:plain

 ボスマスは連合艦隊で出現し、夜戦から戦闘が開始します。

 夜戦の間に第一艦隊を一定数沈めれば、昼戦に移行します。

 なお、基地航空隊と航空支援は昼戦に移行しない限り絶対にやってこないため、前述通り砲撃支援を推奨です。

 

 これは夜戦開始時の砲撃支援が終わった段階ですが、この程度でも――

f:id:tikuwa_ore:20171209075153j:plain

 ――夜戦の間にS勝利が可能でした。

f:id:tikuwa_ore:20171209075442j:plain

 とは云え、実際の戦績は芳しくなく、全13回出撃の大破撤退が実に8回。うち、S勝利は2回でA勝利は3回という、蓋を開いてみればトホホな成績です。辛い。

 

 ゲージが最終段階に近づくと、ボスが壊状態になります。

f:id:tikuwa_ore:20171209075615j:plain

 姉様おらんよーになってしもたん?

 

 ラスダン編成はこんな感じ。

f:id:tikuwa_ore:20171209075722j:plain

 辿り着くまでが遠足状態なので、辿り着いてさえしまえばワリとこっちのもんです。

 

 砲撃支援終了時がこんな感じで、

f:id:tikuwa_ore:20171209075824j:plain

 戦闘中がこんな感じ。

 壊のワンパンを貰って扶桑が大破したのと、満潮改二がカスダメ貰っただけで、敵が動く前に全部こちらの攻撃がクリティカルしてどんどん敵を沈めるというミラクルが起きたので、超気持ち良かったです。

f:id:tikuwa_ore:20171209075844j:plain

前述通り、ラスダンは都合5回も失敗してかなりイライラしてただけに、全てが救われた、報われた気分でしたよ。

 

 んで、昼戦移行時はもう壊が息も絶え絶えで一隻残ってるだけ。

 もちろん、敵第一艦隊は全て沈めてます。

f:id:tikuwa_ore:20171209080144j:plain

 そして、さあトドメを刺すぞコンニャロー!今こそ積年の恨みを晴らしてくれる!と思ったら、

 

 まさかの基地航空隊でトドメというwww

f:id:tikuwa_ore:20171209080304j:plain

 空気読めwww

 

 そして、もう倒す敵もいないのに、それでも始まる航空戦フェイズ。

 沼ったラスダンが無事終わって超嬉しいのに、超虚しいwww

f:id:tikuwa_ore:20171209080408j:plain

 というワケで、E-4戦略ゲージ1の破壊は無事終了しました。

 ちなみに、実際の成績とドロップはこんな感じ。

  1. 1回目 夜戦S勝利:阿武隈
  2. 2回目 ZZ1マス大破撤退
  3. 3回目 昼戦A勝利:鬼怒
  4. 4回目 昼戦A勝利:扶桑
  5. 5回目 Z7マス大破撤退
  6. 6回目 Yマス大破撤退
  7. 7回目 昼戦A勝利:風雲
  8. 8回目 ZZ1マス大破撤退
  9. 9回目 ZZ1マス大破撤退
  10. 10回目 ZZ2マス大破撤退
  11. 11回目 Z9マス大破撤退
  12. 12回目 Iマス大破撤退
  13. 13回目 昼S勝利:占守

 ご覧の通り、惨憺たる結果です。

 どうだい、オレの余りある運の悪さに、悲しくなっただろう?www

 特に12回目の出撃は支援艦隊のキラがハゲるギリギリで、ここでトドメさして終わりたかったのに、まさかの最初の対潜マスでワンパン大破食らって大破撤退という対潜ガチャの超ファンブルで、運営のクソ悪意に怒るのを通り越して、もういっそ泣きたくなりましたwww

 そして、半泣きで3艦隊分のキラ付けを終えた後の最初の出撃のIマスでまた中破したときは、ホントに艦これ運営にカミソリでも贈りつけてやろうかと思いましたが、無事何とかその出撃でクリア出来ました。道中大破は、中破した艦が執拗にピンポイントで狙われての大破撤退が多かったので、ホントに辛かったです。

 当然、ただの運ゲーなので偶然なんですけど、偶然が5回も6回も続くと存在しない悪意がカタチになって見えてきますwww

 あとはやっぱり、ZZ1のPT小鬼が鬼門ですね。こいつのカットインはホントに容赦なく警戒陣も簡単にぶち抜いてきますので、カットインが出ないよう、攻撃が命中しないよう、当たってもカスダメで終わるようにと、ひたすらお祈りするしかなかったです。

 というか、警戒陣自体も結構ガチャで、警戒陣選んでるのに普通に当たりますからね。こんなポンポン当たるとか、一体何のために用意したんだか。新しい仕様が増える度にガチャ度が上がり、リアルラックの有無で海域突破が出来るかどうかが決まってしまうのは、運なし提督にはホントに辛いので、こんなクソ仕様はいい加減にして貰いたいです。

 世の中には「艦これは運ゲーじゃない」とかほざくクソバカがいますが、運ゲーじゃなかったらIマスで大破撤退なんて起きねーっつーの! いやマジでマジで。

 

 ちなみにオレは、護衛退避は使いません。理由としては、

  1. ただでさえ貴重な装備枠を一つ潰してしまう。
  2. 使用すると貴重な戦力が一気に二隻も減る。
  3. 護衛退避した艦の赤疲労が大きく、その後の弊害が大きすぎる。
  4. 下手に使うとルート固定条件を満たさなくなる危険性がある。

 ってトコですかね。

 結局、護衛退避って「ボスマス前まで来たけど大破してしまった」というタイミングしか使い道がないんですよね。特に今回みたいに、ルート固定条件が複雑でマス数の多いマップでは尚更。

 大破した艦自体はバケツを使うので疲労度は40まで戻るからともかく、護衛艦に損傷がない場合、再出撃出来るまでの自然回復を待つと一時間近くかかるので、出撃制限があるイベントではリスクの方が大きすぎなんですよ。そうなると、普通に大破撤退してから全艦に1回ずつキラ付けする方が、結局時間も手間もかからないんですよね。

 オレに使うセンスがないだけかもしれませんが、護衛退避を上手く使って攻略してる提督はホントに凄いと思います。

 

 とまれ、2017秋イベントクリアまで、あと一息。

 残り日数も短いので、がんばりたいなあ。(弱気)

E-4丙「あの海峡の先へ――」ギミック解除・第二段階

 引き続きまして、ギミック解除の第二段階です。これをクリアすればようやくボスマスが出現します。

f:id:tikuwa_ore:20171208152959j:plain

 第二段階のギミック解除条件

  1. 連合艦隊(栗田艦隊)で(マップ一番左から)スタートして、Z4マスでA勝利以上+Z6マスでS勝利
  2. 通常艦隊(志摩艦隊)で(マップ一番上から)スタートして、Z8マスでA勝利以上
  3. 通常艦隊(西村艦隊)で(マップ一番下から)スタートして、Z9マスでS勝利

 以上です。はー、めんどいめんどい。

ギミック解除・第二段階その1

 第一段階その1から続いて、連合艦隊で出撃します。

 最短ルートはCFDGLPU→Z1,Z2,Z3,Z4,Z6です。(めんどい!)

 CFDGLPUは前回説明した通りそのままで、それ以降が新たに追加されたマスになります。Z1とZ2は空襲マス、Z3は夜戦マス(PT小鬼)、Z4も夜戦マス(水雷戦隊)、Z6はボス連合艦隊です。

 Z5は戦闘なしのハズレマスで、Z3で索敵が足りない場合に逸れます。

 必要なのは索敵値のみで、ルート固定編成は第一段階その1と同じ編成ですが、一部装備を変更しています。

f:id:tikuwa_ore:20171208151333j:plain

 第一艦隊の装備は戦艦と重巡の艦載機を変更しただけで、それ以外は特に変化はありません。(というか、第一段階その1もこの装備のままでいいと思う)

f:id:tikuwa_ore:20171208151346j:plain

 第二艦隊の装備も基本構成は同じですが、道中が長いため対潜マスに手を割いていてはキリがないので、先制対潜攻撃は北上のみに任せてお祈りゲー。夜戦マス及びZ3のPT小鬼対策として阿武隈に照明弾と熟練見張員を装備したくらいですね。

 

 丙ならZ4マスA勝利とZ6Sマス勝利を一度に余裕で達成できるため、道中支援は惜しみなく出します。

f:id:tikuwa_ore:20171208151944j:plain

 砲撃支援編成なら夜戦マスでも支援に来てくれますので、安心してください。

 何となく気分で翔鶴改二甲を使ってますが、瑞鶴改二甲の方が若干強いハズです。

 

 基地航空隊はこんな感じ。Uマスに一編隊、Z4マスに一編隊、Z6マスに残りを集中。道中で(空襲マスとは別に)空襲イベントが発生するため、第三基地航空隊は防空にしておきます。

f:id:tikuwa_ore:20171208152048j:plain

 道中の対潜マス、空襲マス、夜戦PTマスはお祈りゲーですが、この編成+支援は基本的にオーバーキル目なので、お祈りゲーさえ突破してしまえばUマスは問題なく抜けられ、Z4マスA勝利は問題ないと思います。

 

 で、この編成でのZ6マス開幕はこんな感じでした。

f:id:tikuwa_ore:20171208152604j:plain

 道中で熊野が中破、Z4マスで榛名と阿武隈が中破するという痛い目を見た上、支援効果もご覧の通り今一つでしたが、これでもS勝利はかなり余裕で出来たので、2条件を一度にクリアするのはそれ程難しくないと思います。

 というか、Z4マスを抜ければその先はZ6マスなので、わざわざ2回来る方が面倒ですし、一気にクリアしてしまうほーが結果的に楽なので、支援は惜しみなく投入するのがベストです。

 ただ、Z4マスで護衛退避するとルート固定条件を満たさなくなってZ5に逸れるので、Z4マスで大破した場合は諦めて撤退した方が良さそうです。運ゲーだから仕方ないんですよ、ホント。

ギミック解除・第二段階その2

 続いては志摩艦隊で、Z8マスA勝利を狙います。

 ルートはQTVXY→Z7,Z8です。Z7は夜戦マスでPT小鬼が出現し、Z8は夜戦開始→昼戦移行の連合艦隊です。

 Yマスは第一段階その2では夜戦→昼戦の連合艦隊でしたが、Zマス出現後は潜水新棲姫flagship単騎(稀に潜水カ級との二機編成)が出現するマップに切り替わり、資源消費量が減ります。

 編成の基本編成は第一段階その2と全く同じです。

f:id:tikuwa_ore:20171208125558j:plain

 前述通り、第三艦隊の7隻編成でも出撃できますが、ルート条件が微妙に変わるのが面倒だったので、そのまま出撃しました。

 支援と基地航空隊の編成は直前の第二段階その1と同じです。

 基地航空隊は1編隊をXマスに集中、1編隊をZ8マスに集中です。

 基本的に対潜&夜戦過多マップなので、基地航空隊よりも道中支援が的確に来てくれるかどうかが勝利の鍵です。

 

 なお、自分は対潜装備を完全に捨て、Tの対潜マスとYの潜水新棲姫マスはお祈りゲーにして無事通過しましたが、前述通り基地航空隊が余り機能しないので、ファンブル引きまくりで安定しないようならば、1編隊を対潜仕様にしてTYそれぞれに送るのもアリかと思います。

 尚、潜水新棲姫を倒しても特にレア泥もないようなので、無理して倒す必要は全くありません。

 

 とりあえず、自分はこの編成でストレートクリア出来ました。

ギミック解除・第二段階その3

 最後は西村艦隊でZ9マスS勝利です。

 ルートはEIMNSWY→Z9となります。

 Eは戦闘無し、Iは対潜、MNは空襲、Sは通常艦隊(軽母・軽巡・駆逐)、Wは夜戦(駆逐+PT小鬼)、Yは潜水新棲姫、Z9は夜戦→昼戦の連合艦隊(駆逐のみ)。

 このうち、S→Wのルート固定条件が西村艦隊史実艦一定数(甲6、乙4、丙2)以上+空母ゼロ+戦艦2隻以下+駆逐艦一定数(甲4乙丙2)以上で、Y→Z9のルート固定条件が西村艦隊史実艦一定数(甲乙4、丙3)以上、かつ索敵値が一定以上なので、下記のような編成にしました。

 夕立以外は全て史実艦ですね。

f:id:tikuwa_ore:20171208155124j:plain

 空母が使えないため、水戦で制空値を稼ぎます。PT小鬼対策として、満潮と夕立は熟練見張員を装備、更に夕立と時雨は穴に機銃装備。道中、空襲マスを2回抜けるため、念のため一番対空値の高い時雨は対空CI装備。

 基地航空隊は第二段階その1と共通で、MNに1編成ずつ、Yに残り集中です。Sマスは道中支援任せです。

 MNは空襲警戒のための割り振りなので、本来であれば陸戦ガン積み部隊のほーが有効ですが、変更するのが面倒だったので(お

 基地航空隊は一隊を対潜仕様に変更し、IYマス対策にするのもいいかと思います。

 

 道中支援も基本的には第二段階その1と同じですが、攻略時は翔鶴を瑞鶴に変更しました。

f:id:tikuwa_ore:20171208160423j:plain

 ただ今回、キラは全員ついててほぼMAX状態だったにも関わらず、何故かSマスに来てくれず、結局Yマスにしか来なかったんですよね。艦これマジ運ゲー

 

 まあ云うても、Z9マスはこんな感じで全部駆逐艦のみの連合艦隊なので、よほど運が悪くない限りは何とかなるかと。

f:id:tikuwa_ore:20171208160835j:plain

 ただ、条件がA勝利ではなくS勝利で、第一艦隊を撃ち漏らすと達成できなくなるので、道中の必要箇所は少ないですが、支援は最初からちゃんと出したほーがいいと思います。

 

 んで、本来なら夜戦開始→昼戦に移行するマップなんですが、ご覧の通り夜戦の間に終わってしまいました。

f:id:tikuwa_ore:20171208161014j:plain

 基本的に運の悪いバッドラック提督を自称するちくわさんですが、何とかなる時は何とかなるもんです。それが運ゲー

 

 というワケで、これにてE-4丙のギミック解除は完了。

 全てのギミック解除が上手くいけば、ご覧の通り、ZZ1~ZZ3(ボスマス)までマップが拡張され、ゲージが出現するはずです。

f:id:tikuwa_ore:20171208161139j:plain

 実はこれ第一ゲージで、なんと第二ゲージまであるらしいですよ奥さん! 悪意満載でホントに怖いですね~(白目

E-4丙「あの海峡の先へ――」ギミック解除・第一段階

 E-3丙クリアから大分間が空きましたが、E-4のギミックが余りにも複雑すぎて、単にやる気が出なかっただけです。運営、マジでバカなんじゃないのかなあ。

ギミック解除・第一段階、解説

 気を取り直して、E-4では複数の艦隊で複数のギミックを破らないと最終ボスまで辿り着けなくなっています。丙の場合はかなり簡略化できる&敵が大幅に弱体化しますので、甲乙と比較して海域撃破報酬は大幅に劣りますが、運営の悪意に付き合ってらんねーって人はさっさと丙を選択する事をオススメします。オレはもう、このクソ運ゲーに付き合ってらんねーです。(投げ槍気味)

 基地航空隊の表示が邪魔ですが、E-4初期マップはこうなってます。

f:id:tikuwa_ore:20171208121419j:plain

 E-4丙の最初のギミック解除条件は、

  1. 連合艦隊(栗田艦隊)で(マップ一番左から)スタートして、UマスでS勝利
  2. 通常艦隊(志摩艦隊)で(マップ一番上から)スタートして、Xマス通過、YマスでA勝利以上

 の二つになります。

ギミック解除・第一段階、その1

  先ずは連合艦隊ルートですが、最短かつ最効率ルートはCFDGLPUとなります。

 マスだけ数えるとクソ多くて悩ましいですが、実際にはCDLPは戦闘無しのメッセージのみ、Fは能動分岐、Gは潜水艦、Uは連合艦隊の全2戦とかなり楽なルートです。

 空母機動部隊を選ぶとAマス(夜戦・潜水艦マス)に逸れるため、ここは水上打撃部隊で挑みます。尚、このルートでは札は一切つきません。

 

 札がつかないため比較的自由に編成できますが、最短ルート固定には栗田艦隊の史実艦が一定数必要かつ、高速統一が必要な点にのみ注意。

 ちなみに、栗田艦隊は以下。

  • 大和、武蔵、長門、金剛、榛名
  • 妙高、羽黒、愛宕、摩耶、鳥海
  • 鈴谷、熊野、利根、筑摩
  • 能代、矢矧、雪風、浦風、磯風、浜風、藤波、沖波、早霜、清霜島風

 本来、栗田艦隊には高雄・朝霜・長波の3隻も含まれるらしいですが、この3隻は高雄の退避に伴い離脱したため、ルート固定要員としては使えないとの事。ゲーム中に一切メッセージもヒントも出ないのに、そんなん判るかって話ですよね。栗田艦隊云々だって、出撃して初めて「栗田艦隊は~」ってメッセージが出るんですよ。ほんま、バカじゃねえのかと。

 

( ´Д`)「イライラすんな」

 

 はい。

 

 さておき、ルート固定には高速統一が必要なのですが、大和・武蔵・長門の3隻は低速艦のため(穴開けて高速化しない限り)使えないので、ここは大人しく、金剛、榛名、妙高、羽黒、鈴谷、熊野、雪風の7隻を起用。丙では5隻で行けるらしいですが確定情報ではないため、念のための7隻採用です。

 鈴熊に関しては、自分は航巡改二と軽空改二を両方持っていたため後者を導入しましたが、持ってない場合はちとちよ姉妹でいいかと思います。というか、スロット的にはちとちよ姉妹のほーが強いですしおすし(その分柔らかいので一長一短ですが)。

f:id:tikuwa_ore:20171208122506j:plain

 第2艦隊もほぼ使い回しメンバーです。

f:id:tikuwa_ore:20171208122536j:plain

 前述した通り、このルートでの戦闘はGの潜水艦とUの連合艦隊のみなので、第2艦隊に先制対潜艦を2隻投入し、潜水艦マスはお祈りゲーです。

 

 E-4では基地航空隊が3編成解放されますが、出撃可能なのは2編成まで、第三基地航空隊は防空要員にしか出来ません。とりあえず、陸戦1+陸攻3の基本パターンでUマス集中です。ちなみに、Uマスまでの必要行動半径は5です。

f:id:tikuwa_ore:20171208124334j:plain

 Uマスまでの道中戦闘はGの対潜マスのみなので、支援艦隊は不要です。

 

 で、Uマスの敵はこんな感じなのですが、

f:id:tikuwa_ore:20171208124741j:plain

 基地航空隊だけでもここまでガッツリ削れますので、よほど戦力に不安がない限り、支援艦隊はやっぱり不要だと思います。はい。

f:id:tikuwa_ore:20171208125040j:plain

 もちろん、自分は昼S勝利でした。

ギミック解除・第一段階、その2

 続いて志摩艦隊によるギミック解除です。ルートはQTVXYとなります。

 Qはメッセージのみ、Tは夜戦・潜水艦、Vは空襲、Xは軽母ヌ級旗艦の駆逐とPT小鬼の混在艦隊、YはPT小鬼を含む連合艦隊に加え、夜戦開始の昼戦突入となる特殊マスで、その1と比べるとやや煩雑かつ戦闘回数が多くなっています。

 ルート固定条件は志摩艦隊史実艦一定数以上+空母ゼロ+戦艦2以下+駆逐艦2以上なので、攻略編成はE-2攻略で使用した志摩艦隊そのままです。

 というか攻略が終わった後に知ったんですが、このルート、E-2で使用した志摩艦隊札がついてる史実艦のみを投入すれば、第三艦隊の7隻編成でも使えたそうで。自分は知らなかったので普通に第一艦隊6隻でクリアしましたが、まあこれでもイケるって事で一つ。というか、志摩艦隊お札付きの艦娘のみで第三艦隊でチャレンジすると、マップ下方のスタート地点からの出撃になるそうなので、逆に良かったみたいです。危なかった。

f:id:tikuwa_ore:20171208125558j:plain

 装備はPT小鬼が出現するため、駆逐と軽巡には熟練見張員を装備させつつ、夜戦マスが多いため重巡は連撃装備、空襲マスを通過するので(念のため)防空艦に対空CI装備、夜戦マス警戒として阿武隈に照明弾もプラスしてほぼギリギリの装備ですが、前述したように本来なら第三艦隊7隻編成で挑めますので、もう少し余裕が出来るハズです。

 重巡の艦載機は要らない気もするんですが、念のため。

 

 基地航空隊はその1の使い回しで、VXに一編隊ずつ投入し、Yに残りを集中です。 道中支援は不要です。

 Tの夜戦開始の潜水艦マス、Vの空襲マスはひたすらお祈りですが、潜水艦マスと空襲マスは何度も書いてるように、どれだけ対策してもダメなときはダメなので、気にしたら負けです。気にしないのが大事。

 余裕があるなら、基地航空隊を対潜・防空に特化してTVマスに集中させるのもアリかもしれません。

 Yマスの戦闘は前述通り夜戦から始まり昼戦に移行しますが、夜戦の間に敵第一艦隊を少なくとも半分以上仕留めておかないと昼戦に移行しないらしいので、戦力が不足している場合、戦艦を入れて二巡化させちゃうのも手です。オレは戦艦投入で道中の戦闘が二巡化して余計なダメージ食らうのがイヤだったので、あえて入れませんでした。

 

 キャプチャは取り忘れましたが、とりあえず上記編成+基地航空隊の配分で一発ストレートクリアできました。Yマスは夜戦の間に撃ち漏らしがあったので、A勝利止まりでしたけどね。

 

 ともあれ、条件を満たせばこのように、Z1~Z9までの各マスがマップに追加されます。

 次はボスマスを出すためのギミック解除・第二段階です。はー、しんど。

f:id:tikuwa_ore:20171208125246j:plain